大阪府立刀根山高等学校

学校長あいさつ|大阪府立刀根山高等学校 - 大阪府豊中市の公立高校

TEL:06-6843-3781 FAX:06-6843-1716

〒560-0045 大阪府豊中市刀根山6丁目9番1号 アクセスマップ

ページ上部へ戻る

学校長あいさつ|大阪府立刀根山高等学校 - 大阪府豊中市の公立高校

学校長
あいさつ

平成31年度あいさつ

平成31年4月1日付で刀根山高等学校長に着任いたしました安田幸一と申します。
本校は府下でトップクラスの人気を誇る学校であり、学校経営の責任の大きさをひしひしと感じております。
努力を重ね、その伝統を守り、さらに飛躍できますよう精励する所存です。
どうぞよろしくお願いします。

本校は、かつて刀根山の高台にありました大阪大学薬学部の敷地や薬草園の跡に、昭和52年に開校し、今年で創立43年目を迎えます。
「自ら未来を切り拓く 心豊かでたくましい人間を育てる」を教育目標に掲げ、 これからの時代を生き抜き、活躍できる人材育成を進めてまいります。
生徒たちにとって安心できる学校 となるように、人間関係を醸成し、学校行事と部活動を充実させながら、心豊かでたくましい人間に成長できるよう、 育成してまいります。

確かな学力向上を推し進めるため、充実した授業を提供し、希望進路実現を最大限支援できる 体制を構築します。
特に大学進学についてはその傾向が年々大きく変化しており、その対策には全力で取り組んで まいります。
また地域と連携した活動にも取り組むことで、地域の皆様とともに歩んでいこうと考えております。
生徒の皆さん、保護者の皆様、地域の皆様、刀根山高校へのご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願いします。

平成31年4月1日

大阪府立刀根山高等学校 校長 安田幸一 大阪府立刀根山高等学校 校長 安田幸一
あいさつのイメージ

平成31年度
第四十三回入学式 式辞

本日、平成三十一年度大阪府立刀根山高等学校第四十三回入学式を挙行できますことを、心より嬉しく思います。
この入学式に、大阪府教育委員会ご代表様、PTA会長様、後援会会長様にご列席いただいております。
高いところからではございますが、心より感謝申し上げます。

保護者の皆さまは、この晴れやかな場に立っているお子さんの姿をごらんになって、お喜びひとしおなるものが あろうかと拝察いたします。
私ども教職員一同、その喜びを共にすると同時に、責任の重大さを痛感いたしておる ところであります。
申すまでもなく、私どもは万全を期して、お子さんを次の社会の立派な担い手として、厳しく かつ愛情を込めて寄り添いながら育てる決意をいたしております。
保護者の皆さまのご支援ご協力を切にお願い 申しあげる次第でございます。

先ほど入学を許可された新入生の皆さん、入学おめでとう!刀根山高等学校教職員一同、心から歓迎します。
ここからは入学生の皆さんに語ります。
本校では 『 自らの未来を切り拓く 心豊かでたくましい人間を育てる 』という教育目標を掲げています。
『 自らの未来を切り拓く 心豊かでたくましい人間を育てる 』です。
『 自らの未来を切り拓く 』ですが、「ひらく」という漢字は、開拓の「拓」の字を書きます。
切り拓くという ことばはどういう行動なのでしょうか?
「描く」「ビジョンを持つ」「イメージする」でもなく、「作っていく」「進んでいく」でも物足りません。
この『切り拓く』には、もっと能動的、主体的、斬新、クリエイト、たくましさ、という意味が含まれていて、 未知の世界をかき分けて進んでいくことだと私は考えています。
その際には、悩んだり、苦労したり、涙することもあるでしょう。
そういう意味を集約した言葉として『切り拓く』 をとらえています。

社会は大きな変貌を遂げていっています。年号が変わったどころではない変化です。
今までのステータスや価値観は 通用しなくなっていくでしょう。
そんな世の中だからこそ『切り拓く力』を養わなければなりません。
高校生の間は のんびりでいいかなというようなのんびり感は考え直してください。
もう一つの表現『心豊か』という言葉は、どうとらえていますか?
私は他者理解や人権的感覚だととらえています。
シンギュラリティという言葉がありますが、その方向に日々進んでいます。
いくらAIが進化し利便性が高まっても、我々人間は人間らしさを見失ってはいけません。
またグローバル化が進む中で、 多種多様な文化を認め合わなければなりません。
これらをうまく進めるための感覚を集約しているのが『心豊か』という 表現です。
心豊かになるために、たった今からできる簡単な方法があります。
それは日々の挨拶です。1日を「おはようございます。」 の挨拶から始めると、優しい柔らかな気持ちになれます。

最後に再度言います。「切り拓け!そして心豊かに!」これを今日はお伝えします。

さあ、明日から刀根山高校でともに成長していきましょう。
そして明るく元気な挨拶がずっと続くような学校生活を 送りましょう。
以上を私からの式辞といたします。

平成31年4月8日

大阪府立刀根山高等学校 校長 安田幸一 大阪府立刀根山高等学校 校長 安田幸一
刀根山高校の制服入学式のイメージ桜の花

平成31年度
1学期始業式校長式辞

おはようございます。
大阪府立刀根山高校の校長になった安田幸一です。よろしくお願いします。
新学年のスタートの今日みなさんには何か秘めた思いはありますか?
そういうことを考える機会です。 何か志を掲げる日にしてください。

初めて皆さんにお話をするので、私が皆さんに期待することをお伝えしておきます。
2点お話します。
キーワードは「創造」と「他者理解」です。
1点目、「創造」についてお話します。

私は「創造」、つまりクリエイティブな営みや働きかけを日頃から大事にしています。
よく、美術、書道、写真といった高校生の展示を見学に行きます。
高校生のサッカーやバスケット、 ダンス等のスポーツも観戦します。
その時に「へー、こんな表現をするんだ。」「え、こんなプレー を選択したんや。」等の思いを持つときにワクワクします。
一流の画家が描いた絵だけにワクワク させられるのではなく、高校生、いいえ幼児が描いた絵にもワクワクさせられることがあります。
それは私の感性の範囲以上のものではありませんが、皆さんにはぜひ創造的な活動をめざし、 私をワクワクさせてほしいと期待しています。
私は60に近い年齢ですが、まだまだ創造的な活動 をしてみたいという思いがあります。
皆さんはこの先、この「創造」を大いに発揮できる場がある と思うし、それを伸ばすこともできるでしょう。
そしてこの力が将来の社会の変化を乗り越えて いくうえでの資質にもなるのではないかとも考えています。
どうでしょうか、そういう視点をもって 自分の行動を振り返ってみてください。

過去の歴史的な開拓者や先駆者は困難な状況の中で登場します。
よって創造性を育むのは環境だけ で決まるのではなく、自分の思考によって方向づけられるということです。
ぜひそういう クリエイティブな思考を意識してみてください。
2点目は「他者理解や思いやり」を大事にしてほしいということです。
多種多様な文化が混在し、 グローバル化が進む中で、この心がけは重要です。
私達教職員は、皆さんにとって「安心して 過ごせる学校」が一番大切だと考えていて、そこにこの「他者理解や思いやり」が大きく影響すると考えています。
学校行事や部活動、そして仲間との交流においては特に意識してほしいことです。
このことが欠如するといじめが起きたり、心無いネット上での書き込みになったりする のではないでしょうか。

また、他の人たちと一緒に目標に向かっていくうえでこの感覚を失うとそのバランスが崩れて いくきっかけになることも多いです。
家族であっても、親友との関係、恋人同士であっても、同様です。 私自身若いときにこの感性が足りなかったと今反省しています。
あのときこの感性があればもっと 良い結果が出ていたかもしれないと後悔をしたこともあります。
どうか皆さんはこのような「他者理解」 の感性の大切さを知り、そしてそれを養って卒業していってほしいと願っています。
そしてお互いが 「安心」できる学校生活を形成していきましょう。
それでは最後にキーワードをもう一度言います。「創造」「他者理解」この2点が今日のお話でした。
1年間ともに刀根山高校での生活を充実させましょう。以上で終わります。

平成31年4月8日

大阪府立刀根山高等学校 校長 安田幸一 大阪府立刀根山高等学校 校長 安田幸一
始業式のイメージ登校風景桜の花と校舎