大阪府立刀根山高等学校

学校長あいさつ|大阪府立刀根山高等学校 - 大阪府豊中市の公立高校

TEL:06-6843-3781 FAX:06-6843-1716

〒560-0045 大阪府豊中市刀根山6丁目9番1号 アクセスマップ

ページ上部へ戻る

学校長あいさつ|大阪府立刀根山高等学校 - 大阪府豊中市の公立高校

学校長
あいさつ

校長だより 第6号 

GWが近づいてきました

 3度目の緊急事態宣言発令中ですが、本校では今の所は臨時休校することなく感染対策を取りながら通常の対面授業をしています。 ただ、グループワークのような話し合いをメインとした活動や体育などでは接触の多い活動などが制限された状態が続いています。

 さて、気がつけばGWが近づいてきました。季節は確実に進み、桜からツツジの季節になっています。 正門から入ってすぐのソメイヨシノの株もとに普遍的な価値をあらわす「真・善・美」と刻まれた石碑を見つけました。

 本校の校章は、豊中市の樹であるキンモクセイをかたどっています。5枚の葉は生徒の多様な将来への広がりをイメージし、3つの花こそ真・善・美を表しているとのことです。

 感染の終息が見通せない中ではありますが、刀根山の生徒の皆さんが、充実した学校生活を送り、自ら希望する進路を切り拓き、社会で活躍できる人材へと成長されることを祈念しています。



右:本校の校章

5枚の葉と3つの花を組み合わせて豊中市の市の樹キンモクセイをあらわす

石碑 校門 校章

令和3年4月28日

大阪府立刀根山高等学校 校長 手島 肇
校長だより 第5号 

3回目の緊急事態宣言へ

 報道されているように、大阪府において緊急事態宣言が発令されようとしています。 これからも分散登校とはせずに、通常の登校形態をとりますが、授業でも様々な制約を受け、 5月7日に予定していた遠足もひとまず延期にします。皆さん楽しみの行事ですので、 様子を見ながら改めて実施日を決めるようにします。体育大会、文化祭、修学旅行など行事ができるかどうかも今後の感染状況によります。 引き続き皆さんの感染拡大防止に向けての協力を強く求めます。

 始業式や16日の終礼時での全校放送でも話しましたが、医療崩壊になっては、 通常の診察などができなくなるので、何としても新規感染者を抑えなければなりません。

 以下、感染拡大防止のため徹底して守る必要のあることです。

  • ① 朝の健康チェック;発熱など風邪症状があれば、学校に連絡して自宅待機
  • ② マスクの着用;周りに誰もいなく、一人の時以外は原則着用
  • ③ 消毒・換気の徹底;こまめにすることが大事
  • ④ 昼食時の黙食;机を合わせることなく自席で、前を向いて
  • ⑤ クラブ活動;公式戦を直前に控えているクラブのみ、短時間で
  • ⑥ 不要不急の外出の自粛;学校から帰れば、基本は自宅にいる

 他人事とは思わずに、全員が必ず徹底して実行してください。



令和3年4月22日

大阪府立刀根山高等学校 校長 手島 肇
校長だより 第4号 

新緑がまぶしい裏山を歩きました

 陽気に誘われて裏山に出かけました。ここは、大阪大学薬学部の前身の薬学専門学校時代から刀根山(千里丘陵の北西端)の尾根部分に 残された里山林で市街地に残された貴重な生物多様性スポットです。本校の景観を特色づける場所でもあり、イメージキャラクター 「トネッピー」こそ、この裏山に住む木の葉のしずくから生まれた山の妖精です。

 自生・植栽を合わせると300種類を超える樹木や草花が生育し、それらを生活の場として昆虫など多様な生物が生息しています。 自然観策などの授業は勿論、生物エコ部などの文化部や坂道ダッシュの場として運動部の活動場所として多くの人に利用されています。

 これまでこの裏山を通しての地域交流が盛んであったと聞いています。山歩きが趣味の私としても、コロナ終息後に多くの方に お越しいただき、様々なイベントができる日を楽しみにしています。

裏山1
入口に設けられた案内板
裏山2
舗装された部分もあります
裏山3
新緑が眩しいアベマキ
裏山4
裏山から望む教室棟

令和3年4月20日

大阪府立刀根山高等学校 校長 手島 肇
校長だより 第3号 

新入生へのクラブ紹介を行いました

 本日午後、新入生へのクラブ紹介を行いました。本校には32の部、2つの同好会、4つのサークルなどがあり日々多彩な活動をしています。 今日は、体育館のステージ前で各クラブが様々な趣向を凝らした紹介をして、新入生を勧誘しました。
 部活動は、趣味・特技を伸ばすことができて学校生活の幅が広がるだけでなく、クラスの枠を超え、 先輩後輩という人間関係のトレーニングにもなります。これまで経験した活動は勿論、新たな活動への挑戦も大歓迎です。
 新入生と現在入っていない2年生にはこの時期に入部して、充実した学校生活を過ごして欲しいと思っています。

令和3年4月12日

大阪府立刀根山高等学校 校長 手島 肇
クラブ紹介1 クラブ紹介2 クラブ紹介3 クラブ紹介4
校長だより 第2号 

入学式を挙行しました

 本日は午前中に放送による始業式を、午後に入学式を行いました。いよいよ令和3年度のスタートですが、 感染拡大が収まらず、ついにレッドステージ1になりました。本校ではこれからもできうる限りの感染防止対策を取りながら、 教育活動を進めて参ります。ご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。以下、入学式の式辞です。

入 学 式  式  辞


 若葉の緑が鮮やかなこの佳き日に、令和3年度 第45回の入学式を挙行できますことを心から喜ばしく思います。 PTAご代表、後援会ご代表におかれましては、公私ご多用のところご臨席を賜りまして、誠にありがとうございます。 高いところからでございますが、厚くお礼申し上げます。ただいま、一年生320名の入学を許可いたしました。 改めて、新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。教職員一同、皆さんの入学を心から歓迎いたします。

 本校は、1977年(昭和52年)にここ北摂刀根山の高台にありました大阪大学薬学部跡地に開校し、今年で創立45周年を迎えます。 創立当初より学業、部活動、学校行事および生活面などでの取り組みについて地域から信頼と評価を得ながら、 「行きたい学校、行かせたい学校を」めざして教育活動を展開して参りました。

 また、「自らの未来を切り拓く、心豊かでたくましい人間を育てる」を教育目標に掲げ、これからも進路希望実現をサポートする学校、 地域に根差した学校として、教職員一同、一層充実した教育活動を推進して参ります。

 新入生の皆さんは、これまでの義務教育時代とは異なる新しい環境での学校生活が始まります。この環境の大きな変化をチャンスとしてとらえ、 新しい気持ちで、高校生活をスタートさせてください。

 そこで、皆さんにお願いしたいことが3つあります。1つめは、「待ちの姿勢ではなく、能動的に行動しよう」ということです。 本校では、皆さんを「刀根高ファミリー」の一員として家族のように温かくお迎えしますが、自分自身の努力なしで学校に多くのことを望むことはやめてください。 今まで以上に、高等学校では自分自身で多くのことに対して積極的に動く必要があります。毎日の学習・課外活動などにおいて、失敗を恐れずにどんどんとチャレンジしてください。

 2つめは、「部活動で人間力を高めよう」ということです。中学校までの経験を活かすもよし、今までとは異なる新たな部活動であってもいいですが、 本校には魅力的な部・同好会・サークルが数多くありますので、是非扉をたたいてください。そこで得られるものは、言うまでもなくお金では買えない貴重な財産となります。 私自身も、高校時代にクラブをやり遂げたことが、大きな自信となり、今でも自分自身の精神的な支えとなっています。一緒に汗を流した仲間とは、現在でも付き合いがあり、 色々な悩みの相談相手にもなっています。

 最後の3つめは、「悩みを一人で抱え込まないで相談しよう」ということです。新型コロナウイルスの感染防止対策だけでなく、環境の変化に伴って、 しばらくは色々なストレスを感じることがあると思います。そのような時は、友達や身近な大人、話しやすい先生を見つけて、是非相談をしてください。 本校は、皆さんが健やかな学校生活を送れることを最大限サポートいたします。

 保護者の皆さま、お子さまのご入学、誠におめでとうございます。改めてお祝い申し上げます。刀根山高校の校章は豊中市の樹であるキンモクセイの5枚の葉っぱと三つの花を組み合わせています。 五枚の葉っぱは、生徒の多様な将来への広がりを、3つの花は真・善・美という人間が理想とする普遍的で妥当な価値を表しています。

 新入生の皆さんが、変化の激しい社会の中で、バランスの取れた人材として貢献できる基礎が本校で育まれるよう、教職員一同、全力で教育活動にあたってまいります。 どうか本校の教育活動に、ご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

 新入生の皆さんが、充実した学校生活を送り、大きく成長されることを祈念いたしまして、入学式の式辞といたします。

令和3年4月8日

大阪府立刀根山高等学校 校長 手島 肇
校長だより 第1号 

着任のご挨拶

 令和3年4月1日付けで刀根山高等学校校長に着任しました、手島 肇(はじめ)でございます。
これまでの刀根山高校での教育活動の伝統を踏まえ、時代の求めに応じた新しい取組みも進めて参ります。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
 本校は、かって刀根山の高台にありました大阪大学薬学部の敷地や薬草園の跡地に、昭和52年に開校し、今年で創立45年目を迎えます。 「自ら未来を切り拓く 心豊かでたくましい人間を育てる」を教育目標に掲げ、様々な教育活動を通して、これからの時代を生き抜き、活躍できる人材育成を進めて参ります。
 今後とも、保護者、同窓会、後援会、地域の皆様には本校の教育活動へのご理解とご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

令和3年4月1日

大阪府立刀根山高等学校 校長 手島 肇
刀根山高校 さくら
制服登校風景桜の花と校舎